時間的余裕がある場合

時間があるときに、すべきこと・・・
日ごろつい後回しになる、サイズサンプル作りやら、
新しいデザインを考えたり・・・
それ以前に、徹底的な掃除と整理整頓か。

しかし、絶対的期限がないと、
まあ別に今日でなくてもいいか。なんて思ってしまう
個人事業です。

靴に関する本を読んでみるのもいいかなぁってのは、
意外にすぐ実行できたりして(笑)

日本の手製靴で有名な方の人生物語。

作業のところでは、
肝心要なところと緩急のあたりとか、
忘れかけてたことを思い出したり。

戦前に生まれ、戦後混乱期から高度成長期、
一周回って手製靴。
結構やんちゃなことしたり、
なにくそ根性と、運命の流れと時代と・・・。

私たちの先生からもよく聞いた。
場所が違っても、日本はこんなだったんだ。

問屋だか、靴屋だかの下っ端に
こんな靴あかんって、足で蹴られて、
心底、腹が立った話。

作る靴、作る靴売れて、
万札をぎゅうぎゅうと一斗缶に詰めた話。

なぜか、牛の 屠殺を何度も見に行った話。

先生から何回も聞いたけど、
前後関係がわからず(笑)

名人から話を聞きだして、
本にするのも 大変だったんだろうなぁ。
著者の取材、素晴らしい。

先生がこのコロナ禍を見てたらなんて言うだろう。